オルニチンサプリ比較!含有量について

二日酔いの原因物質〜アセトアルデヒド

 

二日酔いの原因は、アルコールが分解する途中に発生する物質のせいです。まずは、【アセトアルデヒド】とはどのような物質なのか調べてみましょう。

 

<アセトアルデヒドとは>

 

アルコールが体内に入った後に、肝臓がアルコールを分解・解毒する時に発生するのが【アセトアルデヒド】です。この【アセトアルデヒド】はアセトアルデヒド脱水素酵素と呼ばれる酵素の働きで、代謝の過程で出てくる物質なのですが、毒性がアルコールの10倍以上と言われる有毒物質なのです。

 

日本人が体質的に【アセトアルデヒド】をうまく分解出来ない人が多い為、二日酔いになったと言う場合は、ほとんどがこの【アセトアルデヒド】の分解が追いついていないことが原因だと言われています。

 

<アセトアルデヒド脱水素酵素とは>

 

【アセトアルデヒド】を分解するのは、『アセトアルデヒド脱水素酵素』と言うものです。人間の身体には、2つの酵素があります。
@アルコールを分解するアルコール分解酵素
Aアルコールを分解した後に出来るアセトアルデヒドの分解酵素

 

アルコールそのものを分解する能力が高くても、その後に出来る【アセトアルデヒド】の分解能力が低ければいつまでも有毒物質が体内に残ってしまいます。体質によっては、お酒を飲み始めてどんどんアルコールを分解すると、アルコールの10倍近い毒性を持つ【アセトアルデヒド】がどんどん体内で作られます。この【アセトアルデヒド】を分解してくれる『アセトアルデヒド脱水素酵素』が不活性な場合に大変な二日酔いになってしまう可能性が高くなります。

 

<体質を知ろう>

 

お酒を楽しく飲んで二日酔いを減らすには、自分の体質を詳しく知ることです。

 

・一番長くお酒を楽しめる人…アルコール分解能力が低めで、しかもアセトアルデヒド分解能力が高い人
(すぐにほろ酔い気分になれ、その後の分解が早いので、長くほろ酔い状態が楽しめることに)

 

・かなりお酒を飲んでもなかなか酔わない人…アルコール分解能力が高めで、アセトアルデヒド分解能力の低い人
(なかなか酔わず、後からひどく悪酔いしてしまい、二日酔いにも注意が…)

 

 

肝臓に良いオルニチンとは

 

「オルニチン」と言う言葉を1度や2度は皆さんも耳にしたことが、あるかと思いますが…。このオルニチンはシジミに多く含まれていることはご存知でしょうか?最近ではサプリメントにもなって、お酒を飲む人や美容に効果的で人気を集めています。

 

オルニチンはシジミに多く含まれているアミノ酸の一種で、もともと人間の体内にも備わってる成分ですが、シジミなどの食品をプラスすることで、より肝臓の中で活発に働いて助けてくれます。アミノ酸とは、タンパク質の一種です。アミノ酸の体内での役割は、筋肉・血管・内臓などを作ります。

 

必須アミノ酸やアミノ酸(非必須アミノ酸)は、よく聞くと思いますが、オルニチンは、『遊離アミノ酸』です。この『遊離アミノ酸』は必須アミノ酸や非必須アミノ酸とは全く別の働きをします。『遊離アミノ酸』は血中や脂肪の中を巡り、タンパク質を作らないまま、必要な時のみ働くことが出来るのです。シジミなどに含まれているオルニチン『遊離アミノ酸』は他のアミノ酸とはちょっと働きが違いますね。

 

また、オルニチンは、体内で『ポリアミン』に変化します。このポリアミンは、肌の新陳代謝を良くしてくれます。新陳代謝が良くなると、消費カロリーが大きくなりダイエットにも効果的に、また免疫力もアップして肌のきめが整い、爪や髪の毛も綺麗になります。

 

オルニチンは、シジミ以外にも多く含まれている食品があります。例えば、チーズ・パン・ヒラメ・マグロ・エノキ等がありますので参考にしてみてください。

 

 

 

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 オルニチンサプリの比較!含有量No.1サプリは? All Rights Reserved.